CTI 機能説明

CTIとは、Computer Telephony Integrationの略で電話インフラとコンピューターを連動させるシステムです。
コールセンター業務などで利用されており、近年では電話のIP化が進み導入しやすくなったことで、 大規模なシステム投資なく導入できるようになりました。

主な機能として、インバウンドでは、オペレーターがお客様からの電話を受けたときにお客様管理画面を自動表示させる機能/電話通話ログやコンタクト履歴表示(CRM連携)やかかってきた電話を自動でオペレーターに割振る機能(ACD)、自動音声応答による振分機能(IVR)などがあります。

アウトバウンドでは、電話リストをシステムに登録し、自動発信で電話をかけオペレーターへつなぐ機能(オートコール、プレディクティブ・ダイヤル)、相手の話中・不在・応答をCTIが自動判別しながら予め登録された発信リストの電話番号に電話を自動発信する機能(プログレッシブ・ダイヤリング)、顧客管理画面をクリックすることで電話発信を行う(ビュー・ダイヤル)など手がけしていた作業を自動化し電話営業を効率化させる機能などがあります。

管理では、電話の通話履歴、通話録音、トラブル先への発信禁止制御、レポート出力、オペレーターの電話状況をリアルタイムで監視する機能などがあります。



CTI コールセンターシステムのご紹介はこちら

CTIとは 機能説明とその利用方法

CTIの機能一覧

  • PBX機能  
  • ●内線(発信/着信)
  • ●外線(発信/着信)
  • ●ナンバーディスプレイ
  • ●保留
  • ●転送
  •  ・保留転送
  •  ・待呼転送
  •  ・外線転送戻し
  • ●待ち呼
  • ●ウィスパリング(ささやき)
  • ●IVR(自動音声応答)
  • ●時間外ガイダンス
  • ●通話録音
  • ●ボイスメール
  • ●発信禁止
  • CTI機能  
  • <インバウンド機能>
  • ●保留転送・ACD(着信呼分配)
  • ●ポップアップ機能
  •  ・着信ポップアップ
  •  ・転送ポップアップ
  • ●優先着信
  • ●待呼/待呼アラート
  • ●スキル設定
  • ●再発信予約
  • <アウトバウンド機能>
  • ●ダイヤラー(自動発信)
  •  ・プレビュー
  •  ・プログレッシブ
  •  ・プレディクティブ
  •  ・音声応答
  • ●リダイヤル設定
  •  ・リダイヤル回数
  •  ・リダイヤル間隔
  • ●倍率発信
  • ●ブレンディング(待機人数)
  • ●呼出時間
  • CRM機能  
  • ●顧客管理機能
  • ●コンタクト履歴
  • ●項目設定
  •  ・項目型設定
  •  ・一覧表示
  •  ・検索
  •  ・必須
  • ●画面レイアウト設定
  • ●CSVインポート/エクスポート
  • ●更新履歴

  • 管理機能    
  • ●レポート
  •  ・リアルタイムテーブル
  •  ・リアルタイムチャート
  •  ・ヒストリカルレポート
  • ●リアルタイムMAP
  • ●モニタリング
  •  ・サイレントモニタ
  •  ・チューター
  •  ・電話参加
  • ●ヘルプ(モニタリング要求)
  • ●ステータス変更
  • ●通話履歴・録音
Salesforceとの連携ができます
CTIとSMSを連携画像
CT-MAXは、SalesforceのOpenCTI対応。 Salesforce連携ライセンスが不要です。
外部アプリはURLによる連携になります。
WEBシステムであれば、連携機能を実装して
おります。もちろん自社システムもOK。
今のシステムを使いつつ、CT-MAXで新たに
効率UPを目指しましょう!
「CTIコールセンターシステム選定」資料もご用意しております
CTI導入をお考えでしたら、弊社が、機器・回線・使用用途から機能提案・
カスタマイズまで、一括でコンサルティングさせていただきます。
CT-MAXは充実した機能を安定してご利用頂けるシステムです。
また、お客様のニーズに合わせて、細やかな対応を心がけております。
CTIやコールセンターシステムに興味はあるが、導入は初めてで、どんなことに
注意して検討すれば良いかわからないという方のために、参考資料として
「CTIコールセンターシステム選定のポイント」をまとめた資料もご用意して
おります。資料請求でお問い合わせくださいませ。
CTIコールセンターシステムご検討にあたり、ご不明点ございましたら、
些細なことでも構いませんので、是非一度ご相談頂ければと思います。
CTIとSMSを連携させてみませんか
CTI製品・ダイヤラーと連携させて、SMS(ショートメール)一斉送信を
することができます。
メッセージ送信だけでなく、URL送信することもできるので、スマートフォンで
あればアンケート利用も可能となります。
CTIとSMSを連携画像 SMSのメリット
・番号情報をそのまま活用できる
・普及率が高く(携帯所有数とほぼイコール)
  特別な設定せずに利用OK(接続率が高い)
・キャリア変更してもMNPにより送信先が変わらない
  (宛先の生存性が高い)
・閉域サービスの為安全(セキュリティが高い)
CTIのお問合せはこちら

充実した運用・管理機能がオールインワンで使えるCTIシステム CT-MAX
低コスト・短期間で電話業務の効率化を実現! 小規模な電話業務から始められ、本格的なコールセンターまで構築いたします。 ※最短5日で導入可能
充実した運用・管理機能がオールインワンで使えるCTIシステム CTI-MAX

CTI クラウド型サービスにおける3つの必須機能

機能紹介
お問い合わせ・ご相談
    Facebook

プライバシーマーク

ISO27001

ISO9001

Copyright(c) 2012 株式会社エナジーパートナー All Rights Reserved.