IVR 機能説明

IVRとは、Interactive Voice Responseの略で電話の音声自動応答機能です。
お客様からの電話を自動音声で受け、着信割り振りなどを行います。
自動音声により24時間電話受付が可能となることからも広く利用されています。
最近では、IVRの自動音声およびオートコール機能を利用し、電話でのアンケート調査やイベント案内などに利用され、無人で電話し音声アナウンスするなどアウトバウンドとしても利用されています。

<IVR 機能一覧>
自動応答 電話の着信に自動応答します。
自動音声により24時間電話受付が可能となります。
転送 着信した電話を転送させることができます。
DTMF
(プッシュ信号)取得
かけたい電話番号の指定をするほかにも、通話中にDTMFを出すことで情報を取捨選択することができます。
例えば、指定席予約サービスや配送業者の荷物再配達などで、DTMFによって情報の選択をすることが可能です。
キュー(待ち呼)個数確認 保留でお待たせしているお客様に、何人待ちなのか(自分が何番目なのか)をお知らせします。
待っているお客様の目処感が立ち、保留音でも待っていられます。
保留中に切られてしまった顧客へ再架電が可能 電話接続が一杯で受けられなかった電話をIVRへ誘導することで、受けきれなかった電話リストを作成することが出来ます。
録音 全ての通話を録音することが可能です。
コールバックシステム エージェントを複数のACDに登録することが出来ます。
IVR
デザイナー
IVRのフローを作成します。
システムに詳しくない方でも、前もって揃っている部品の中から必要な機能を選んでいただき、指定された場所に貼りつけていくことで、比較的手軽に組み立てていくことが出来ます。
IVRとACDの組合せ

CTI-MAX IVRとACDの組合せ図
CTI-MAX IVRとACDの組合せ説明
充実した運用・管理機能がオールインワンで使えるCTIシステム CT-MAX
低コスト・短期間で電話業務の効率化を実現! 小規模な電話業務から始められ、本格的なコールセンターまで構築いたします。 ※最短2週間で導入可能
充実した運用・管理機能がオールインワンで使えるCTIシステム CTI-MAX

お客様の会社で、すでにCRMをお持ちの場合、CT-MAXを導入することで、
そのCRM情報をCTIと連携させることが可能です。
「CTI」というシステムは、コールセンター業務だけに限られず、その使い方は
幅広いのです。
せっかくCRMがあるのに、その情報が電話対応に活かせないなんてもったいない
ですよね。
CTIとCRMだけではなく、その他の様々なシステムの組合せによって、
オリジナルな対応が可能となります。
ぜひ、ご相談くださいませ。

CT-MAX(CTI)の機能が更に充実しました。
追加された最新ファームはこちら(主にCRM機能になります)。
①「発信予約」一括表示機能
   管理者だけでなく、オペレータでも自分の予約内容を確認が可能に。
② 発信予約 エージェント割当機能 強化
   スキルベースで絞込みされた人達を対象に予約を行えるようになりました。
③ 項目種別に「スクリプト」追加
バージョンアップ画像    「コンタクト結果」に特定の値が選択された場合に、顧客
   情報の特定項目にフラグを設定したり、発信予約を設定し
   たりなど、業務画面での連動設定をスクリプト化する事が
   可能です。
④ 業務画面「拡張設定」追加
   既存「業務画面設定」タブより「拡張」設定タブが追加されました。
CTIのお問合せはこちら

CTI クラウド型サービスにおける3つの必須機能

機能紹介
お問い合わせ・ご相談
    Facebook

プライバシーマーク

ISO27001

ISO9001

Copyright(c) 2012 株式会社エナジーパートナー All Rights Reserved.